VOXY日記

VOXYでのクリスマス家族旅行@勝浦

さて、VOXYに乗り換えて3週間が経過しました。街乗りで250kmくらい走ったところですが、リッターあたり8.1kmというところ。MPVでは5キロくらいでしたのでだいぶマシです。この間は特にエコ運転などを意識せずという感じでした。
ちょろっと釣りに行くために高速を30km位乗りましたが。

そして、クリスマス前の連休に、会社の保養施設がある勝浦まで家族旅行に行くというところで、高速道路でのVOXYの燃費なども楽しみにしながら出発です。

片道100km無いくらいで、そのうち60kmくらいが高速道路というところ。どれくらい伸びるかなーと楽しみにしながら出発。
アクアラインも空いており、平均して高速道路ではリッター15km超えを楽勝でマークしますね。平均値もだいぶ上がってきます。5分平均では18kmくらいになる区間もあったので、基本的にエコドラしてる限りはかなり走行できそうです。

年末に実家まで帰るので東京-大阪間をドライブしますが無給油で行けるかな?というところです。

高速を降りた後は田舎道というところですのでアップダウンも多く燃費は悪くなりましたが、往復の道のりで平均リッター10kmくらいにはなりました。
途中、大多喜町に寄るのですが、以前仕事で町役場には着たことがあるので久々の懐かしい景色でした。

あと、大多喜町の自然薯は激ウマです。安いし。自然薯買い占めるためにここまで来ても良いかもしれないと思うほど。

勝浦では残念ながら出発日も翌日も雨という最悪の天気でかつ、週の頭から子供がずっと風邪を引いているというなかなか楽しめない状況。
前日まで微熱もあったのですが、無理やり連れていきました。
まぁ、クルマの中では子どもたちは(妻も)寝ていたので、広々とした車内はそれなりに子どもたちにとっても快適なようです。
保養所はいつもどおりの快適さ。部屋も広くメシもうまく大満足です。

宿泊した翌日も雨で、本当は市原ぞうの国かマザー牧場まで行くつもりでしたが、雨ではどうにもならないのでかつうら海中公園に向かいました。

こちらは始めてきたのですが、駐車場から結構歩くうえに、海中展望室まで100段近い階段の降り登りがあるので、幼児を連れてると結構きついですね・・・・

でも海の中はいいお天気。潮も流れておらず、魚が展望塔周辺に固まっておりました。
まぁ、メバル、メジナ、ハコフグ、キタマクラ、あたりのザ・国産の魚なので水族館のようなイメージではありません(笑

ただ、水族館とはまた違った趣があって個人的には満足です。

帰りに食べた海鮮丼がかなり美味しかった。大満足。

お腹いっぱいになったところで帰りはかなり眠気も来てたので、高滝湖PAで一眠り。私が目一杯運転席のシートを倒しても、2列目はゆうゆうで眠れるのでVOXYにしてよかったなと感じます。

川崎から勝浦までの往復でガソリンはまだ半分以上残っていましたが、MPVでは同じ距離を走った際は8割くらいしか残ガソリンがなかったので(しかもタンクは70リットル)だいぶ助かります。

というわけで、VOXYの中距離の旅はなかなか快適でした。
年末は実家のある大阪に帰る予定なので、500kmの高速道路の燃費計算をするのが楽しみです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です